読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2-4 ジャネット

2-4 ジャネット

フェイスブックの友達だったジャネット。フィリピンのダバオ出身で、私がダバオに行ったら観光ガイドすると言っていた。その当時、ダバオに行くことなど考えもしなかったが、一度フィリピンに行ってみたいと思っていたから、その時には案内を頼むとか返事をしていた。

彼女は白河のマカティというお店で働いた事があり、私もそのお店に何回か行った事がある。そのつながりでフェイスブックの友達になった。日本にタレントとして来たことのある女の子とフェイスブックで友達になることは多い。大抵は彼女の働くお店に来るようにと営業活動を受ける。

彼女の場合も似たようなもので、ダバオまで呼び込もうとしたのだろう。しかし当時、ダバオに行く金と暇があったら、スイスに行くために使わなければならない状況にあったから、それに応えることは出来なかった。それに彼女は可愛いのだけれど、色黒の南方系の顔立ちで、私の好みとは少し外れていた。何万円もかけて、ただ会いに行く気にはなれなかった。

ある日突然ジャネットから連絡があった。日本に来たという。当然タレントとして来たと思っていたから、どこのお店で働いているの?と聞いた。白河のマカティはタレントの女の子が逃げるという不祥事を起こし、閉店してしまっていた。

余談だが、逃げたタレントを扱っていたエージェントは逃亡女を必死に探した。彼女には50万円という懸賞金がかけられた。結局彼女が捕まったのかどうかはわからない。タレントとしてのビザは在留期間が短い。在留許可変更をすぐにしなければ、オーバースティとなってしまう。

彼女が思いつきで逃げるということは考えにくい。オーバースティとなってはまともに働けない。すると、陰で糸を引いた男、あるいは組織がいたんじゃないかと思う。新たに偽装結婚などをさせて彼女を縛って、どこかで働かせているんじゃないだろうか。彼女にとっても、より長期間働けるのだからメリットがある。

タレントの逃亡というのは珍しい事ではないらしい。それを起こされるとエージェントは打撃を被る。次からのタレントビザ申請にも響く。そこで、エージェントは逃亡防止の為にタレントの外出を制限したり、パスポートを預かったりする。また、相互監視させるため、タレント同士を相部屋に住まわせる。これが人権擁護団体からは問題視され、かつて奴隷的労働に従事させているなどの批判の要因となった。

話しを戻す。ジャネットは日本には来たが、夜のお店ではまだ働いていないと言った。そして、誰にも話さないでね、との前置きで、実は偽装結婚して日本に来たと言った。

偽装結婚で日本に働いている子は前も知っていたので、あまり驚きはしなかった。ああ、この子も危ない橋を渡って日本に来たか、と思ったくらいだった。

(お店と女の子の名前は全て変えてあります。)

松本人志に食ってみていただきたい(ラーメン二郎店主のツイート騒動 松本人志が客に喝「大くらい食えよ」 - ライブドアニュース)

ラーメン二郎店主のツイート騒動 松本人志が客に喝「大くらい食えよ」 - ライブドアニュース

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/12818502/

 ラーメン二郎の話題で「大を食われへん男に腹立つ。大くらい食えよ。大食われへんやつと猫舌の男、大嫌い」と言い放つ松本人志ラーメン二郎を知らないんじゃないかなぁ…二郎の大って、そうそう食える量じゃない…一度、ご自身で食ってみていただきたいです

 店主のツイート自体は、「クソ野郎三連コンボ」と言ってるとおり、大頼んで食いきれないだけでなく「食えるわけねーよ」と言い捨てるってのがね…店主から、だから初めから言ってるじゃねーか!と返されても文句の言えない話。「食えるわけねーよ」さえ無ければ「二度と来ないで下さいね〜」なんて言うこともなかった決定打で、これは怒って当然だったかと

アメフット?

どうでもいいけど昔からアメフトと略してたよね。

勝手に変えるなとは言わんが昔から定着している略称を急に変えると混乱の元だと思うけど。

アメフット死亡 頭痛と関係は

教育勅語を読もう

 教育勅語を読み始めた。杉浦重剛の『倫理御進講草案』戦時体制版に教えを乞いながらである。まだ最初の1行であるが、やはり教育勅語は意味が深い。安易に口語訳などするものではないし、安易な薄っぺらい口語訳を世にばらまいている連中も不心得な者どもだが、それを鵜呑みにして「あれはいい」などと公言している大臣だなんだという人たちも情けない。保守だ右翼だのと語る資格はない。頭の固いサヨク以下の頭の固さだ、ないしは頭の悪さだ。

 まずは「朕惟フニ…」の意味からだが、最初の一文はとても大切だ。ここで教育勅語の性質を現しているのに誰も触れていない。しかも右翼と目される連中の訳が其の重要なところを作為的に目をそらし文意をねじ曲げ、おかしなことを捏造している。

http://shinyaoffice.seesaa.net/article/448102785.html?seesaa_related=category

ゼルダクリア!!

クリアしましたよぉ。

放送は113枠。終盤につきネタバレ注意をタイトルに入れましたが、効果ありですね。人が来ないのなんのって。ちゃんとネタバレを抑止できたのです。

今は実家にもってきて、弟にやらせてます。これは時間泥棒ですからねえ。同人誌のネームもかけやしない。

感想はいつか、ネタバレ要素を含んで書くとして。時オカリンクがオープンワールドになったみたいで、とても楽しかったですね。

明日は快晴、カープ小ネタ&サンフレネタ

週末いかがお過ごしですか

よしのり です

今日から3連休

初日の今日はほとんど曇り

気温は昨日に比べると

ほぼ横ばいか少し下がって

県内19か所の観測点のうち

1か所で10℃に届かず、

18か所で10℃以上になりました

現在の雨雲レーダーの画像を見てみると

雨雲はうつっていません

今夜も明日も高気圧に覆われて晴れ

降水確率は南部北部共に終日0%です

予想最高気温は

南部北部共に15℃以上になっています

20日(月・祝)は傘のマークがついているので

何か予定があるという人は明日やりましょう

現在、県内全域に霜注意報、

南部に乾燥注意報が発表されています

カープ小ネタ

今日はマツダスタジアムで日ハムとオープン戦

先発はジョンソン、エスコバー

1?堂林

2?ペーニャ

3?丸

4指エルたん

5?アンパンマン

6?下水流

7?ぼく小窪

8?石原

9?安部

投:ジョンソン、大瀬良、薮田

先発のジョンソンは5回を88球、

被安打1、与四死球5、奪三振5、失点4(自責2)、

2番手の大瀬良は3回2/3を70球、

被安打3、与四死球1、奪三振3、失点0、

3番手の薮田は0回1/3を3球、

被安打0、与四死球0、奪三振0、失点0

でした

ジョンソンは味方のエラーが絡んで4失点、

毎回の5四球は多すぎますね

大瀬良は復帰後初のオープン戦の登板で

3つの三振を奪って見せました

打撃陣では

堂林、下水流、ぼく小窪、石原、安部が無安打、

ヒットが出ないエルたんは無安打でしたが犠牲フライを1本、

一人好調の丸は2本のタイムリ

いつの間にかオープン戦最下位だそうです

試合前には黒田さんへの特別セレモニーが行われました

スーツ姿でグランドへ登場した黒田さんをみると

『引退したんだなぁ』

と痛感させられます

そのセレモニーには

先日術後初めてマツダスタジアムで練習をした赤松も参加

これには黒田さんも胸を打たれたことでしょう

明日も日ハムとオープン戦です

サンフレネタ

第4節、アウェイで札幌戦

スタメン

GK:林

DF:水さん、千葉ちゃん、塩谷

MF:青さん、シウバ、ミキッチ、吾郎さん、清水、柴崎

FW:工藤

ベンチ

GK:廣永

DF:野上

MF:高橋、森島

FW:皆川、宮吉、ロペス

前半12分、兵藤からエリア左へロングボール、

都倉にDFをかわされGKとの1対1に負けて先制されます

前半21分、左CK、キッカーはシウバ、

ニアで水さんが頭で合わせて同点

前半43分、中央左でファウルを取られFK献上、

前半44分、キッカーは福森、

ファーへのクロスをキムミンテが折り返し、

吾郎さんの足へ当たりゴールへ吸い込まれオウンゴール

前半を1点ビハインドで折り返し

後半は両チーム得点なく敗戦

勝てません

久しぶりの得点で同点に追いつきました

が、悪い時というのは悪いことが続くのか

オウンゴールという予想だにしない出来事が起こってしまいました

なんとなんと勝ち点1で

最下位から1つ上の17位です

代表招集の関係で来週は予定がなく

次節(第5節)は、4月1日(土)14:00〜、

ホームで柏戦です

いそいそ

今晩は、黒焦げです。元気です。

3連休、いかが過ごす予定でしょうか。

花粉が最大の猛威を振るうこの時期、基本的には外に出ませんが、

今日は違います。

 |-゜)っ[避難](何

ということで、北へ旅立ちます。(ぇ

帰ってくるのは来週になるでしょう。(ぇ

と、その前に、アニメのお話。

 |-゜)っ[2017年冬アニメスタート!]

ネタバレに注意してお進みください。

・AKIBAS TRIP

(゜ー゜)。○ ( 勢いのある販促アニメと言った印象だが・・・(何

GONZOが関わっているだけに、端々のクオリティはかなり高めなのだけど。

勢いで色々なものが誤魔化されている雰囲気があるw

かなりわちゃわちゃした雰囲気だから、どっと勢いで視聴するのがアリなのかも。

(゜ー゜)。○ ( あと、露骨なイヤホンズプッシュwwwネタ細か過ぎwww

政宗くんのリベンジ

(゜∀゜)< BLかと思ったけど、全然普通のラブコメだった!(ぉ

主人公の政宗君は、結構ゲスでアホい性格しているのだけれども、

基本的に容姿・学力等は、努力で獲得している所は好感度高い。

加えて、リベンジ果たす為に名前まで代えるとか、最早感心するレベルw

藤ノ宮さんが出てきた辺りのシナリオは、見せ方は結構上手かった感じだけど、

オチが普通に病弱って流れだったのは、悪い意味で意外だったかなと。

ラストに向けて、偽者をどう処理するか、残虐姫はどう処理するのか。

これの良し悪し次第で、評価が大きく変わるかなぁ・・・

幼女戦記

(゜д゜)< ようじょしぇんき!(何

序盤はかなり尖がってる。碧ちゃん超腹黒いし。なんでかな?(ぉ

デグさんのキャラの目新しさで、最初の4話はほんと面白い。

(゜ー゜)。○ ( デグさんの入れ知恵でどんどん戦局が変わるし・・・w

存在Xが、どう見てもかまってちゃんな所も、メタ的な意味で面白い感じ。(ぇ

かぶりつきでずっと見ていたわけだけど、終盤戦にかけて大分失速してるなぁ・・・

贅沢な事を言うと、地味な印象を受けるというか?w(ぉ

ライバルキャラのオッサンも登場して、ストーリーがどう動くのか。

(゜д゜)< じっくり、腹黒い描写でお願いしたい(ぇ

青の祓魔師 京都不浄王篇

(゜д゜)< すっごい懐かしい!って、あながち間違いでも無いのか・・・w

2012年に1期をやっているから、もう5年近く前になる。

(゜ー゜)。○ ( そりゃ、設定忘れてるよなぁ・・・w

思い出し思い出し、視聴していくのが得策やね。(ぉ

まずは静かな滑り出しと言ったところで、基本原作を崩さない形か。

正直コメントするような事は・・・ない。(ぁ

(゜ー゜)。○ ( 強いて言うなら・・・お父ちゃんの声・・・しかたないか。

昭和元禄落語心中

(゜д゜)< 期待の2期開始!(ぉ

舞台背景が大分現代に近くなり、1期とは色々と異なる状況となる。

与太ちゃんがかなり苦労する展開となりそうで、いろいろとモヤモヤしますね。(ぉ

(゜ー゜)。○ ( しかしあの子供、誰の子供なのかなぁ・・・(何

風夏

(゜д゜)< ほほう。CMの煽りに偽りなしか。(ぉ

正に王道のラブコメ。誰にも異論は無いはず。

視聴した4話までの展開が非常に綺麗。見事なトライアングル。

風夏を暴力系ヒロインとして、下げ気味に紹介した後、じわじわと魅力を出す。

片や、アイドルたまちゃんを描写し、幼馴染という強力な設定とともに正妻と戦う。

この手の作品だとバランスが難しくて、

どっちかのヒロインに偏った展開になってしまいがちだけど、

この作品では見事なバランスで、どちらにも勝機がありそうだという・・・w

加えて、バンド活動の青春感も相まって最強に見える。(ぉ

後は、主人公が下手を売ってぐだらせなければ、確実に良作になる確信がある。(ぉ

(゜д゜)< 根性見せてくれよな!(ぉ

鬼平

 |-゜)っ[時代劇]

アニメのテンプレをだいぶ崩してる感じ。良くも悪くもw

1話は主人公が魅せる回にするもんだけど、

仲間の加入とその対応により、間接的に魅力を描くというトリッキーさ。

話を重ねるごとに、顔キャラが増えていくのは、スタイルとしては中々Good。(ぉ

殺陣の作画に関しては・・・微妙かな・・・w

目新しい事は認めるけど、心なしか見辛い・・・w

良い意味でも、悪い意味でも時代劇。そう思えば楽しめそう。

(゜ー゜)。○ ( 気のせいだと思うけど、作画がたまに井上雄彦さんに思える。(何

・南鎌倉高校 女子自転車部

(゜∀゜)< 局所的に見られるトンデモ設定!ダメ!(ぉ

水泳部の自転車バトルもよう分からんかったけど、

ナイトライドレースの展開も訳分からん。

参加だけで大丈夫そうな実績を、無理して上位入賞狙う流れになってたり、

初レースが危ない夜だったり、

自転車部以外の初心者集めてトレインしたり、

みんなで仲良しスタートしておいて、切捨てロケットでゴール目指したり・・・

(゜д゜)< これは酷い。(素直に罵倒

これは完全に、弱ペダとろんぐらいだーずの間を取ってバランスに失敗してる印象。

(゜д゜)< ご都合主義スギィ!ろんぐらいだーずを見習え!(ぉ

けものフレンズ

(゜∀゜)< すごーい!たーのしー!(何

まさかの大穴、ダークホースw

このアニメの凄い所は(狙ったかどうかは微妙な線だけど)色んな楽しみ方ができる事。

 |-゜)っ[フレンズ、かーわいー勢]

 |-゜)っ[シュールなギャグ草生えるwww勢]

 |-゜)っ[ジャパリパーク設定考察勢]

 |-゜)っ[NHK教育テレビ勢]

 |-゜)っ[すしざんまい勢](ぇ

1話を見た段階では、ここまで発展性のあるアニメだとは予想できなかったw

(゜ー゜)。○ ( むしろ、製作陣も予想できなかったと思うが・・・w

そんな黒焦げは、考察+たーのしー勢。(ぉ

3話付近からじわじわと味が出て、継続視聴させてからの、繰り出されるIQデバフ。

考察中の思考力を下げにくるアニメ展開は、中毒性があるかもしれない・・・w

終わりが見えてきましたが、展開が読めない・・・どうなってしまうのかw

(゜∀゜)< たーのしー!

この素晴らしい世界に祝福を!2

(゜д゜)< あれ?10話しか無いのか・・・(残念

スタートの感想を書こうと思ったら、アニメが終わっていた。何を(ry

ということで、このすばに関しては総合的な感想を。

振り返ると、今期はやっぱりギャグに重きを置いたんだなと思いますね。

作画を意図的に崩して、シリアス度を下げギャグ度を上げる。

クズマさんのハーレムラブコメ描写を減らして、ギャグ描写を増やす。

1期はもう少しラブコメ的なノリがあった気がするのですが、

2期はあえて減らしてると思われるぐらいに減っていますね。

(゜ー゜)。○ ( 各ヒロインはもう少しエロ可愛かったよね。ただしアクアは除く。(ぉ

まぁ、ギャグに全振りしてぶち抜いてる分、馬鹿馬鹿しくて楽しかったのは間違いない。

ただ、これは好みがあるし、一長一短だとも思うわけで・・・w

何だか最後は、戦闘作画を良くして、イイハナシダナーだった感を出して逃げ切るという、

浅はかだけど賢明な判断、黒焦げは嫌いじゃないです。(ぉ

(゜д゜)< 酷いアニメだった!(褒め言葉

以上です。また来週!お粗末様でした!