読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

完結

シリーズものの完結。僕は小説のシリーズものを何種類かは読んでいる。置手紙今日子シリーズ、最後の晩御飯シリーズ、水鏡シリーズ、加賀恭一郎シリーズなどもまだ続いているが、今回はビブリア古書堂の事件手帖の完結作である。このシリーズは剛力彩芽さん主演でドラマされた当時に一作を読みだした。面白いともいながら七作目で完結となった。主人公の栞子さんと大輔さんの恋愛の完結ともなる。母親との禍根も取り除かれたような感じで読んでいても良かったと素直に思う。一作目から読んでいるので感情移入しているのでハッピーエンドで終わったところは素直に嬉しかった。三上延さんお疲れ様です。シリーズものを続ける大変さと終わらせる寂しさを読んでいて感じる。ただ、登場する栞子さんと大輔さんの物語は読んでいた人の心の中で続くと思います。そういう僕も心の中ではビブリア古書堂の事件手帖は完結していません。読んでいてそう思わせる楽しさがシリーズものの良い終わり方。完結しても続く作品。

ビブリア古書堂の事件手帖は僕にとってそんな作品でした。