読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

919.「バンビ」

「ダンボ」ときたら「バンビ」。昔いとこの家に〜(以下略)。「お話」要素が少ないので、「ダンボ」より前かと思いきや後作。擬人化は擬人化だけど、自然の移ろい、生命の繋がり、そういう動物の本能的な営みから、学べよ人間、という感じの作品。うさぎの「とんすけ」が好きになる女の子うさぎがブヒれる萌えみ。

ディズニーの背景画を見ていて、ふと「絵って面白い」と一番最初に感じた時のことを思い出した。先生かテレビか、とにかく絵を教える立場の人が、風景画を描くときに、「写真じゃないんだから、好きに変えて描かないと」みたいなことを言ってて。電線が邪魔だったら無くして、木が少なかったら増やして、草が枯れてたらミドリに戻して。創作じゃなくあくまで具象画だけど、最低限の「ウソを描く」ことが大事なんだと。それを聞いて何というか「絵を描く意義」みたいなのを感じて自分も自分なりの風景画をもっともっと描いて見たいなーと思った記憶がある。まあ、昔ヘタすぎて先生に怒られてたんだけど。