読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この高揚感は憧れかトキメキか。これが今の僕に繋がるならそれは最高なことだけど足はすくんで言い訳が先を走るんだ。

秋葉原駅御徒町駅の線路下の空間に、モノづくりの店舗が集められ軒を連ね賑やかしていた。

あぁ、もし僕がここの住人になれたら、どれだけ大変で、しかして幸福なことだろうと

モノが作りたい。

あの頃のぼくの夢は、

それを眺める今の僕は、

とか、

とても大切なものに溢れていた。

(歯科受診のため午後休みをとって、その帰りにすこし寄り道した時の出来事。備忘録)