読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラえもん見て、お前も変われ〜序〜

映画ドラえもん のび太のカチコチ大冒険 見てきました。

先に一言。

『騙されてはいけない』

いい意味でも、悪い意味でも。

今作は話がなかなか難しいのでネタバレは気にせずドカンドカン行くのでそこんとこよろしく。

気になる人は映画を見てから読んでくだちいな。

ざっくりとした話は

10万年前の地球、数億年前の古代人の科学技術を用いて生きているヒョーガヒョーガ星の少女カーラとヒャッコイ博士。

彼女が落とした謎の力を持つリングが氷づけになり。現代ののび太たちがそれを見つける。

10万年前の地球とさらに昔のヒョーガヒョーガ星の謎に迫る、ドラえもん達の大冒険!

地球とヒョーガヒョーガを繋ぐ力ブリザーガとは??

と、まあドラえもんマニア随所でにっこり、こどもはハラハラドキドキワクワクのドラえもんらしい映画でした!

個人的には不満もけっこう有って手放しではホメられないんですが、初動は好評みたいですね。

騙されてはいけない(意味深)

自分なりの感想を敢えて2択で書くと

・面白いかつまらないか?

つまらない!

・楽しいか退屈か?

楽しい!

・デキはいいかわるいか?

(迷いあり)いい!

・で、結局 ○?×?

○!

自分でも思いますが矛盾してますよね?次回はそこを語ります。まずは話の流れ解説から!

導入は1万年前の地球。カーラとヒャッコイ博士が謎の石像から剣を引き抜く→リングに変化。しかしタコのような怪物オクトゴンに襲われ大ピンチ!助かったものの重要な意味を持つリングを落としてしまう…

〜10万年後・夏〜

暑くてとにかくかき氷食べたい!涼しいとこ行きたい!とゴネるのび太

ドラミから「占いで『氷難の相が出てる。ラッキーアイテムは星☆』氷に近づいちゃダメ」との電話はこの際無視してのびドラは新聞で見た巨大流氷へかき氷食べ放題の旅へ(笑)

調子に乗って氷で大遊園地まで作っちゃう、皆を呼んで遊んでいたら突然遊園地が崩壊!

のび太が謎のリングを発見、流氷の深い部分にあったリングは10万年前に凍ったものと判明するが…この時代にこんな技術は無かったはず…世紀の大発見だ!見に行こう!

と、序盤は非常に良かったです。ドラえもん映画の王道冒険話でありひみつ道具のワクワク感も出し惜しみなし!

もの凄く良かったですよ、ある部分を除いては…

つづく。