読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

侍スピッツ

昔、家で犬を飼っていた。室内飼いで二匹、白くて毛が短くておとなしい紀州犬と、黒くて毛が長くて活発なスピッツで、どちらもメスだった。小さい頃はケンカすることもなく、平和な日々を過ごしていたが、成長するにつれ、だんだん犬のくせにお互いにウマが合わなくなってきたのか?しょっちゅうケンカするようになってきた。まるで、その見た目と一緒で白黒を着けるかのごとく、どちらかが流血するほど引き離すのも容易じゃないくらい、激しい噛みつきあいだった。そして、いつも勝つのは黒いスピッツの方だった。でも、普段はメスなので、基本的にどちらも利口で大人しい性格なのに、何が原因なのか分からないうちに、一日一回はケンカし始める事があった。だから、当然日課の散歩も一緒に連れ出すことが出来ず、朝二回、夕方二回の計四回に分けて連れて行くことが、当時の日課だった。今はもう、老衰でどちらも死んでしまったが、黒いスピッツの方と散歩に出かけると、たまに近所の子供がかけよって来て「わー!!レッサーパンダみた〜い♪」と言って、触りに来るんだが、そういうときだけは大人しくしてくれていたから、助かった。家に帰って、ネットで\xC4

瓦戮討澆燭蕁∨榲槪縫譽奪機璽僖鵐世卜匹嚞漚討い觧槪傍い鼎い拭◉劼匹發隆兒[呂辰謄好押爾\xCA!!と思った。