読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

訴訟

長い間水面下で火花を散らしてきた相手ととうとう法廷でお手合わせとなる。勝負の時が来たようだ。相手も同じ思いだろう。先生、そろそろ白黒つけましょう。「打ってこいマクダフ、途中で『待て』と弱音をはいたら地獄おちだぞ」(「マクベス」中マクベスの最期の科白)。